大磯高麗山自然探訪

当日配布資料の表紙
当日配布資料の表紙

  1月19日(土)晴れ

  大磯 高麗山

  85名 (男性29名、女性55名、子供1名)

公財 窪田企画課長

  青木

  CL小林(保)⑨、友谷①、黒澤⑧、飯澤⑨、小沢⑨、女川⑨、小林(富)⑩、    杉崎⑩、 上宮田⑪、鳥飼⑪、赤崎⑫、小池⑫


9時10分大磯駅前にて参加者の受付開始、高田公園でのオリエンテーション後、85名が9班に分かれて最初の目的地「湘南平」を目指す。

 この日の朝の冷え込みは厳しく、厚着をして家を出たがさすがここ大磯の地は温かい、途中で着衣の調整が必要となるほどだ。

 ほぼ定刻の13時10分「湘南平」到着。踏査、下見を重ねこの地を訪れるのは4回目となるが、今日は展望と好天に恵まれた素晴らしい探訪日和となった。 眼下に広がる相模湾そして箱根、丹沢の山並み遠く富士山の遠望が開ける。どれも最上の眺めだ。日溜りの中、湘南の眺望を楽しみながらゆったりと昼食、自然と参加者との会話も弾む。

 そして、次の目的地高麗山までの60分の道のりが本日のメインコースとなる。高麗山は東海道沿線で、常緑広葉樹林からなる自然林が残る唯一の場所である。江戸時代から全山が高麗寺の聖域として保護されてきたため、近郊に例のない樹相林を呈している。この地の歴史と、湘南に残された貴重な広葉樹の自然林を楽しんでいただけただろうか。

 予定の14時50分には最終目的地「高来神社」に無事到着、参加者の皆さんを最寄の花水バス停までご案内して解散となった。 


 25年度の予定は次のようになる

 ■5月18日(土) 観音﨑(横須賀市)

 ■9月28日(土) 河村城址(山北町)

 ■11月30日(土)津久井湖城山(相模原市)

 

わたしもインストラクターとして参加予定です。

― 皆様とご一緒できますことを心よりお待ちしております。―